歯を白くする方法 あなたの工夫集

普段の歯磨きで歯を白く、プレミアムブラウントゥースの併用を

 

普段の歯磨きで歯を白く、プレミアムブラウントゥースの併用を

 

歯磨きには正しいやり方があることをご存じでしたでしょうか。
やり方一つで歯を白くする・保つことができますし、虫歯予防や口臭予防、また、美肌ケアもできちゃうんです。今回は、その方法をお教えしたいと思います。

 

歯磨きの新常識!?

 

歯を磨く前、皆さんは歯ブラシを水で濡らしていませんか?実はそれ、NG習慣なんです。
歯ブラシを水で濡らすことによって、付けた歯磨き粉が泡立ちやすくなります。泡だてば『しっかり磨けた!』という気持ちになってしまい、短時間で歯磨きをやめてしまうことに繋がるのです。長くじっくり磨くために、歯ブラシは水で濡らさず、乾いた状態のまま使いましょう。
次に歯磨き粉です。使う量はお使いの歯磨き粉の用法に従っていただければ問題ないと思うのですが、大切なのはその付け方です。ただブラシの上にちょこんと載せるよりも、載せたあとに指でブラシの隙間に押し込むようにするといいのです。何故かというと、そうした方が歯磨き粉の成分(フッ素など)が歯全体に行き渡りやすくなり、ホワイトニング効果や虫歯予防効果などが高まるからです。言うまでもありませんが、歯磨き粉を押し込む前に指はしっかり清潔にしておきましょうね。
磨く際には、「様々な方向から」「様々な向きに」「一本一本」を意識しながら磨くと良いでしょう。
そして最後にすすぎです。すすぎにもポイントがあります。いつもは何度か繰り返しすすぎをする方が多いと思いますが、それよりも、ある程度の水を口に含んで約20秒間クチュクチュと揉むようにして吐き出す、これを1度だけ行うのが良いのです。歯の表面についたフッ素を洗い流してしまわないようにするためです。フッ素コーティングがされたままの方が、着色や虫歯等が防げますね!

 

おまけの歯磨き法

歯磨きをするとき、湯船に使って体が温まっているところですると、口の中からブラシの刺激があり血行促進に繋がり、美肌効果が期待できるそうです。
また、歯を磨くついでに舌を軽くポンポンと磨くと、口臭予防になります。ただし、あまり磨き過ぎると逆効果で口臭の原因になる可能性もあるそうですので、あくまで軽くおこなうようにしてください。
いかがだったでしょうか。意外と今までやってきた歯磨きがホワイトニング効果や虫歯予防効果などに対し効果を減らしてしまう方法だった、という方も多いのではないでしょうか。
白い歯はとても好印象につながります。毎日行う歯磨きをもう一度見直し、手軽に綺麗な歯を目指しましょう!
そしてプレミアムブラウントゥースを最後にホワイトニングの締めとして行う事。