たかが歯、されど歯! 歯を白くする方法 あなたの工夫集

たかが歯、されど歯!

たかが歯、されど歯!

 

性別:女
年齢:30歳
職業:会社員

 

写真写りが…

結婚することが決まり、披露宴で使用する昔の写真を選んでいたところ、歯が黄ばんでいることに気づきました。
タバコも吸わず、歯磨きも毎食後きちんとしていたため自分の歯は白いと思い込んでいましたが、歯を見せて笑っている写真を見ると、決して真っ白な歯ではないことがわかりました。
結婚式を控える身として、一刻も早く白い歯にしたいと思い、ネットで歯を白くする方法を色々調べました。

 

ホームホワイトニング

ネットで調べた結果、審美歯科を行っている歯医者さんでホワイトニングをすることに決めました。
歯医者さんでのホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類がありましたが、家でできるホームホワイトニングを選びました。
まず歯医者さんで、自分の歯型を取ってもらい、数日後に完成したマウスピースを受け取りました。
その際にホワイトニング液を購入し、その日からホワイトニング生活が開始しました。
1日5〜6時間程液を塗ったマウスピースをはめておかなければいけないので、私は睡眠中に使用していました。
これを約10日続けるのですが、始めて3日目くらいで少し白くなってきたのがわかりました。
10日目にはかなり白くなり、美しい歯になりました。
また、ホワイトニング期間中はカレーや赤ワインやコーヒーなど、色の濃い食べ物、飲み物は控えるよう言われていたので、極力そういったものは摂取しないようにしました。
もし摂取しても、すぐに歯磨きをして色素沈着しないよう心がけていました。

 

自信を持って笑顔でいられる!

自分の歯が黄ばんでいることに気づいてからは、歯を見せて笑うことに抵抗があったのですが、ホワイトニング後は自信を持てるようになりました。
写真を撮るときもビッグスマイルでいられます。
また、口元は普段の生活でも意外と見られていると思うので、歯が白くなってからはより堂々と人と接することができるようになりました。
このまま白い歯をキープできれば、笑顔・清潔感・親しみやすさなども手に入れることができ、人生において大きなプラスになると思います。たかが歯ですが、されど歯です!